令和4年5月20日より1000円値下げ。

とうとう5月7日より6500円下げと、それまでの11500円上げの半値以上の下げとなり、全値下げも視野に入り始めた。仮にそれでもメーカーネットの54000円と、やはり高いと言えば高い水準である。原油価格等が高止まりしている環境から、現時点ではそれ以上の下落ということは考えにくいが、原油価格の値上げが世界的にインフレを呼んでおり、ドル高、金利高、原油高とロシアだけではなく、世界の企業群も髙インフレによる業績悪化に身構える状況となりつつあるようだ。それが昨晩のニューヨーク市場の1100ドル強の値下がりにもつながっている。株価は景気動向に先行して値下がりしますから、年初来安値を切って来た株式市場にも要注意が必要である。不況下のインフレ,所謂スタグフレーションの到来となると、スクラップ価格も大暴落となる可能性もあることも踏まえる必要もある。先の読めないウクライナ紛争の動きにも要注意が必要である。原油、小麦粉等もこれ以上、上昇すると間違いなく世界経済に悪影響となる。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年5月19日より1000円値下げ。

とうとう半値落ちまで下がってしまった。中国の経済状況の低迷が大きな要因であるが、すぐにどうこうなることもなく、11500円上昇の全値落ちも頭に入れた方がいいかも知れない。あと5500円下げてもメーカーネットで5万円台半ばであり、高値圏にあることは間違いない。今はコモデティの代表である原油価格がウクライナでのロシアの侵略戦争で天然ガス価格とともに高値圏にあり、これはロシアの天然ガスの多くがユーロ圏にパイプラインで輸送されているという現実から、ロシア産のガス、原油を切り替えていかなければならないユーロ各国が代替品を求めて右往左往しており、この動きが落ち着くまでは原油等の高値圏が続くと思われる。ここ半年は原油の高値圏の動きは続きそうである。スクラップ価格の強気要因はこれだけであるが、鉄鋼製品の需要が減退しつつある現状では、価格維持は難しく、やはりじり安と見た方がいいのではなかろうか。一方、非鉄価格は半導体やIT関連の部品や製品の物不足から、堅調な価格維持が続きそうである。又、ウクライナ戦争の影響で武器の生産、調達が各国で増大しており、特に先端兵器の需要が強く、ここでも非鉄やIT関連部品の争奪戦が始まっている。先週SUS316を数トン売却しましたが、
トン当たり35万円以上になっていますから驚きです。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年5月17日より1000円値下げ。

チャート的に見ると11500円値上げした調整として半値落ちの5500円~6000円の下げとなると、現在高値より4500円下げなので、あと値下がりは1000円位と思われるが果たしてどうか。それを超えると全値落ちの11500円の値下がりが見えてくるが、6月より上海のロックダウンも解除されることから、需給の改善は多少みられるかも知れない。世界経済が停滞していることから、中国経済の回復を願いたいところだが、相変わらず不動産業は停滞しており、これまでのような急回復は難しそうである。また国内的にもコロナによる規制が解除されつつあり、インバインドも少しは回復されるであろうが、為替の円安、それと原油高が重なり過度なインフレ基調が続くことも国内景気を冷やす大きな要因となっている。コロナとウクライナへのロシアの侵略、中国のロックダウン、米金利高、それによる円安、原油高と悪材料と目白押しの中、果たして世界経済は、日本経済は、スクラップはどうなることやら読めないことが多すぎてさっぱり分かりませんというのが答えのようだ。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年5月14日より1000円値下げ。

下げてもまだ6万円台と高値圏にあることには違いない。いくらこれからは電気炉の需要が増加するといっても、中国の大都市ロックアウト、又、外貨の欲しいロシアのトルコ、中国等へのスクラップ売却攻勢と弱気材料には事欠かず、更に値下げが続くと思われる。
ロシアのウクライナ侵攻はプーチンが失脚しない限り継続する可能性大であり、長期化の様相が濃くなってきた。この侵略戦争と、さまざまに変化しながら衰えないコロナが収束しない限り、ユーロ圏の景気回復も世界景気の回復もない。又、ここにきて中国の高炉メーカーの増産基調も製品市況に悪材料となり、需要が落ち込んでいる中、不可解な動きである。まさかロシア救済に動くということはないと思われるが、一方的にロシアが敗れるとなると同盟国である中国も対西欧において立場が低下することから、これからどうなるのか予断が出来ない。どちらにしてもスクラップ相場は超高値圏であるとの認識は持って置きたい。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年5月12日より1500円値下げ。

中国上海や北京のコロナによるロックダウンが続き、世界の物流に異変が起こっている。当然生産網にも影響が生じ世界経済全般が減速傾向となりつつある。中国政府もコロナの全面封じ込めを強行に行っており、いつになったら封鎖がとけるのかまったくの不透明となっている。原油等はロシアに対する経済封鎖が拡大しており、ロシア産に変わる代替品需要が膨らみ、こちらの方は無期限的なものから当面原油、天然ガスの価格は高止まりするものと思われる。本来はこれらが高いとコモデティ全般も高いはずであるが、中国の生産量の減少がスクラップ等の価格の下げに繋がっている。最近の相場はこれがなくても超高値圏にあったことから、これをきっかけに1万円程の調整も考えられる。それでも5万円台ですから、最終的には3~4万円台にいつかは戻ることになる。非鉄も10万円近く急落しており、世界経済全般にスタグフレーションが現実化してくると、世界大恐慌の恐れも考えられないことではない。弊社も小さいながら数千トンの在庫は減少させたが、非鉄が100トン近くあり、零細企業の弊社も今年あたりは厳しいものとなりそうである。先日3000トン程の解体物入札があり負けましたが、却って災い転じてとなるかも知れない。この時期ロングな工事となりますと、いつも強気な私でも今は弱気になるようです。ウクライナ情勢でロシアというよりもプーチンが最悪なカードを切らないことを祈るばかりである。これがあると地球の破滅である。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年5月7日より1000円値下げ。

昨年以来の値下げ局面である。中国の上海、北京のロックダウンにより中国の経済指標が鈍化傾向にあり、いつ解除されるとも知れず経営者先行指数も50%割れとなっている。
世界経済もウクライナ問題もあり、まったくの先行き不透明さがつきまとい、これほど先の見えない市場も珍しい。原油を始め資源価格全般に超高値圏にあることは間違いなく、世界の動向次第では、いつか正常な価格帯に戻っていくことになる。現在は世界が混乱状態にあり、原油が最後のあがきのような価格帯となっているが、脱炭素の動きはまったなしで進んでおり、何年か後には50ドル割れから最終20~30ドル位まで値下がりすることは間違いない。今後はウクライナ情勢がどのように展開していくのかにより世界の情勢も大きく変わってくるものと思われるが、まさかという事態(核兵器使用)に発展すると第3次大戦も視野に入ることになり、経済も止まり全てが大暴落ということもあり得ることも頭の片隅に入れていてほしい。実際そうなると、日本にも核が飛んでくることになり商売どころではなくなることは間違いない。我々年寄りはどうでもいいが、若者が可哀そうである。そうならないことを祈る。

北九州市 解体業 石川興産