令和4年7月29日より2000円値下げ。

相場の格言で落ちてくるナイフをとるな。という格言もあり5月6日高値H2ベース66200円より上げ幅の半値落ち44000円となり、次の節目が40000円、更に下げると、高値の半値33000円となるが、仮に世界経済が大きなリセッションに見舞われるとすると、高値より半値8掛け2割引という暴落時の格言もあるように、高値より計算すると21000円となるが、今回の上げ相場のスタートが2020年5月19日の21900円なので、まったくの行って来い相場ということになる。世界経済が大きなリセッションに見舞われると、原油需要の減退ということで、高値圏にある原油も大暴落することになり、世界経済の先行きは、原油先物を注視していれば不況になるのか、そうでもないのか、ある程度の判断は出来ることになる。問題は中国共産党が経済よりも政治を優先する政策等を押し出して来ており、この状況が続くようであれば、中国の経済成長は期待できなくなる。中国の不動産不況はバブル崩壊の様相であり、中国マネーの滞り、外資の資金の引き揚げと、これからもっと下降する要素は強いと思われる。鉄スクラップも北九州では一部輸出業者の買い止め、又ステンレス屑304も大手業者の買い止めとなっている。さてどうなることやら。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年7月27日より1500円値下げ。

値下げが止まりません。高値より22000円値下げと、建値ベースH2=@4万円割れも視野に入ってきた模様だ。2か月と20日でのこれだけの値下げであるので、まるで悪夢を見ていると思われている方も多いのではなかろうか。前にも書いたが、この相場のスタートは2020年5月19日21900円よりスタートし、2022年5月6日にH2ベースで66200円を付けた、その間の値上がり幅44300円、その半値落ちが22150円
値下がりの約44000円となるので、今回はすでに半値落ちを割り込み@43500円となって来たので、次の節目は@4万円となって来た模様といってもいいかも知れない。勿論値動きは、チャートだけで語られるものではなく、マクロ、ミクロの経済情勢、その時々の政治と経済情勢に大きく左右されることになる。現況は、ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー相場の混乱とそれによるインフレ、インフレからくる金利高、金利高からくる円安とさまざまな情勢が絡み合いながら、それに左右されることになる。それ以上に私が気にしているのは、中国の経済情勢で、特に不動産バルブの崩壊は中国だけではなく世界経済に大きな影響を与えるのではと心配している。我が日本もバルブが弾け、経済的に失われた20年とか30年と言われ、未だに経済は低迷中といっても過言ではない。中国の不動産バブルは日本どころではなく、その何倍もの規模となっていることから、非常に心配である。ただ共産党独裁国家なので、世論や情勢を気にせずに政策を打ち出すことも出来ることが強みでもあるので、逆転出来る政策を打ち出すことが出来るのかお手並み拝見である。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年7月23日より2000円値下げ。

高値より20500円下げとなり、相場的にはお手上げの状況となった。中国の鉄鋼需要の減少で目先、先が読めない展開となりつつあり、新型コロナの爆発的拡大も、今後が読めない一因となっている。何度も書いているが、これまで中国経済を牽引してきた不動産業が伸びず、経済の先行きを懸念してか消費も伸びを欠き、今後の低成長を予測から需給とも伸びを欠いた動きとなっている。日本も原油高と円安からインフレ傾向となっているが、これは不況下のインフレであり、日銀の低金利政策を非難する向きもあるが、好景気のインフレで無い以上、金利は上げるべきでなく、これから不況に突入する可能性もあるところから、企業の借入金利も上昇させるべきではない。又、市場金利を上げるということは、国債発行の多い日本の財政にもろに負担が増えることになり、政府支出の圧縮に繋がり、しいては社会保障等の減額に繋がることになる。スタグフレーションの影が少し大きくなりつつあり、嫌な感じとなりつつあるようだ。H2建値45000円というのは微妙な価格帯であり、@44000円を割れてくると、4万円割れの底なしも最悪考えられる。くわばらくわばらである。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年7月13日より1000円値下げ。

5月7日より16500円下げと一見底抜けチャート的な動きとなってはいるが、中国も党大会を前に景気の底割れを阻止すべく景気対策を打って来ており、もうそろそろ値下げの第一波は終了すると思われるが、髙インフレと金融の引き締めは続いていくので、世界景気の動向次第では、時間を置いて値下げの第二波もあることを頭に入れて置きたい。この相場が2万円台から始まっているので、最悪、時間をかけながらそこまで下げる可能性だって20~30%の確率であると思われ、すべては世界経済の動向次第ではあるが、現在のところ世界経済はリセッションの入り口にあり、米国を除いてはロシアの侵略行為とエネルギー不足から髙インフレにより変調を来していることは間違いないようだ。エネルギー問題がより悪化して景気にさらなるダメージを与えるのであれば、いよいよとスタグフレーションという最悪期を向えることになる。ロシアは西側の政治経済に於ける混乱を狙っているので、この状況は短期的に終了することもなく、何か嫌な予感がするのは私だけではないと思われる。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年7月9日より1000円値下げ。

本日は非常に残念な日となった。バカな暴漢に立合い演説会で安倍元首相が銃撃され亡くなってしまった。首相在任中の後半はモリカケ事件や桜の会の不祥事で如何にも悪者扱いされていたが、この人は本当に心のきれいな人であり、悪いことが出来る人ではなく、心の底から日本と日本国民のことを考え、尽くそうとしている立派な政治家であった。ただ、人が良過ぎて悪意を持った人間に利用された、これがモリカケ事件でもあった。官僚たちも力を持った安倍政権を恐れ、悪意を持って利権をかざす悪人たちに上手く踊らされ忖度したことでこれらの事件が大きくなっていったのは、よく知られていることである。安倍さんのご冥福をお祈り致します。非常に残念である。さて下げ相場継続中ということで、在庫を多く抱えた業者は面白くないことこの上ないが、けん引役の中国が11月の共産党大会を前に景気対策を打ち出すのではとの憶測もあるが、これまで牽引してきた不動産業にその力はなく、ゼロコロナ政策の影響もあり内需拡大策は難しい環境となっているようだ。やはり世界の鉄鋼生産の50%強のシェアを持つ中国が強い動きをしないのであれば、世界の鉄鋼業界も、イマイチの状況となってしまう。又、世界経済全体も、ロシアウクライナ紛争の悪影響で先行き懸念が出ており、これも相場の押し下げ要因となっている。インフレ下の不況が現実なものとなりつつあるようだ。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年7月6日より1000円値下げ。

5月7日より14回目の値下げとなり、値下がり幅は14500円となった。プーチンロシアの悪行から世界は髙インフレに見舞われ、金利の上昇が始まり景気の先行きに暗雲が漂ってきていることから、株式や商品市場では買いが入らず値下がりが続いている。ロシアからユーロ諸国への天然ガスや原油の供給が制裁の為、大きく減少していることが要因ではあるが、ユーロ諸国が代替品で賄えるようになるまで、エネルギー価格は落ち着かず高値圏推移していくものと思われる。これがインフレの最大要因となり、金利上昇の元凶となり不況への入り口かと不安が高まっている最大要素でもある。インフレ下の不況所謂スタグフレーションということである。又、厄介なことに仮にウクライナで停戦が実現してもロシアへの制裁は継続される為、悪いインフレーションは収まることはないとなる。経済の需給だけの問題ではないだけに、ことは非常に厄介であり誰しもが経験則では測れない要素が強すぎる為、より不安感が増大しているように思われる。どうなることやら、私みたいな下町の経済評論家ではいよいよわかりません。変な不安感はありますね。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年6月30日より1000円値下げ。

5月7日より13500円値下がりとちょっと底が見えない状況となっている感もあるが、世界の需給がどこでマッチするのかというと、最大H2ベース@44000まで下げる可能性もあるかも知れない。なぜ44000円かというと、チャート的に見て今回の値上がりのスタートが、2020年5月19日のH2=21900円よりスタートして高値が2022年5月6日のH2=66200円となり上げ幅44300円の半値落ちで計算すると@44000となる。チャート通りいくはずもないが、ここが節値となり、ここから下げの半値戻しに向かって戻していくのか、これを割り込み2万円台まで下げるのか誰にも分かりません。ほぼ想像出来るのは、2022年5月6日のH2=66200円というのが、歴史的な高値の一つというのは間違いないと思われる。ロシアによるウクライナ侵攻という誰も得をしない暴挙により、世界経済が髙インフレと金利高に翻弄され、不況への道を進み始めたようにも思われる。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年6月29日より1000円値下げ。

中国経済も成長期に牽引してきた不動産業の落ち込みが大きく、地方政府も地方債を発行して刺激策を取って来ているものの、景気浮揚には程遠く中国経済の落ち込みイコール世界経済にも暗雲が漂い始めているようだ。この度の一番の原因はプーチンロシアのウクライナ侵攻であり、それにより原油が高騰したことによる髙インフレとそれを抑制しょうとする先進各国の中央銀行による金融引き締めによる金利の引き上げが、投資を抑制し株価等金融商品の値下がりとなって来ている。又、金利の引き上げが仮想通貨の大幅な下がりにも繋がっており、ここに来ての動きはやはり裏付けのない通貨だけに資金の逃げ足は速いようだ。鉄鋼製品、スクラップもロシアからの外貨ほしさの安値売り込みが相場の足を引っ張っており、21世紀最大の極悪人となったプーチンのせいで、世界経済は本当に難しい局面に到達しつつあるようだ。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年6月25日より1000円値下げ。

とうとう往って来い相場となった。最初は超高値相場の調整と思われていたが、ここにきてインフレが加速、それに伴い欧米の金利が上昇と先行きに対する警戒感からの更なる高値是正の動きとなりつつある。ロシアによるウクライナ侵攻も長期化の様相を見せ始め、食糧を始め、インフレによる西側諸国の政情不安も起こり始めており、極めて難しい見極めから、世界経済の先行きも難しい局面となってきたようだ。インフレ下の不況、スタグフレーションという、不景気の中でも最も質の悪い不況になるかも知れない。そうならないことを祈るが、物が売れなくなる不況になっていくため、全てが値下がりすることになる。ただそういう兆しが出てくると、上昇中の金利も一転今度は引き下げに動いてくるし、G7中心に必死に景気対策を打ってくるので、極端な悪化はなんとか防げるのではないだろうか。今回の混乱の要因はロシアのプーチンにあり、この男が失脚しない限り世界の正常化はないと思われる。先日、プーチンの藁人形に釘を打ち付けている人が捕まっていたが、これ捕まえる必要あるのか。面白みのない世界になったものだ。私事であるが、現在弊社は火事で焼失した旦過市場の整理に入っているが、他の工事での資金需要が出て、工事総額が増えているのに、安値請け合いした弊社が追加工事で工事金を吊り上げていると思ったのか、安値請け合いするところに決めるべきでないとか言っている輩がいる、弊社が安い価格を提示したのは、被災した皆様への支援であり赤字覚悟の工事である。こちらが善意で行っていることを安易な言葉で汚して欲しくないものである。どんなことがあっても追加金を請求することはありません。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年6月22日より1000円値下げ。

2月から4月までに11500円の上げ、5月、6月で10500円の下げとあと1000円で丁度往って来いの動きとなる。いまの状況からしてロシアの侵攻で原油等資源価格が急騰、スクラップも思惑で上昇、それが11500円高となって訳であるが、それが落ち着いて来たというのが、現在の価格帯と思われる。ここから先は、世界経済がインフレや高金利に向かっている金融市場とどう向き合うのか。ドル高、金利高に新興国経済に異変が起きないのか、ウクライナ侵攻の戦費、世界からの経済制裁でジリ貧状態にあるロシア経済はどこまで持つのか、現在は資源高でそこそこの収入があると思われるので、思っているより悪くはないかも知れないが、ロシア国民は今後インフレと貧困に向き合うことになる。ロシアは一部、国債の利払いで債務不履行となっており、全面的デフォルトは時間の問題と思われる。あとは中国がどれだけ後押ししてくれるかだが、中国も一頃ほどの経済的余裕はなくロシアの歴史的な貧困状態となるのにそう時間はかからないと思われる。ロシアはウクライナ侵攻で大きなものを失ったようだ。この先、世界経済が停滞傾向となり、ロシアの外貨ほしさの半製品や、スクラップの安売りが続くことから、現時点での反転はなさそうである。
好材料としては、パンデミックが小康状態となり、インバウンドが戻り消費の拡大が予想されるが、さてどこまで消費を押し上げることが出来るのかである。まだ先の話ではあるが、近い将来、中国がスクラップの一大輸出国となり、スクラップ相場に大きな影響を与えることを頭に入れておく必要はあるようだ。低位安定相場となりそうだ。

北九州市 解体業 石川興産

 

遠吠え通信迷惑版


No.58-遠吠え通信迷惑版
2018年6月5日

遠吠え通信迷惑版(H.30.6.5)

 鉄スクラップ相場は、関東地区が国際価格の影響で九州地区と4500円もの価格差となってしまった。現在は、購入市場のトルコ経済の悪化から、若干値下がり傾向となっているが、ここまでの東高西低相場は私の記憶ではなかったような気がする。西側業者でも輸出業者は、現地仕入れは安く売りは東側業者と同等であるので笑いが止まらないはずである。しっかり儲けて下さい。

*モリカケそろそろ幕引き。

 まあ、何もない中(役人の忖度はあったが)一年以上安倍を攻撃し続けた野党さん達、全員、年間3000万円以上受け取っている議員給与を返還しなさい。

国民の為の政治をほったらかしにして、何とか安倍を降ろそうと繰り返し不毛な言動で国民をだまし続けた罪は、あまりにも大き過ぎる。全員給与返還でも

許されるものではない。国際社会が大混乱している中、ただ単なる揚げ足取りに終始したさまは、国会議員の資格なし。情けないばかりである。皆さんもマスコミや野党議員の嘘に騙されないように、何事もよ~く物事の本質を捉えて下さい。安倍さん程、国民の為に働いている首相は、これまで見たことがありません。彼の働きで30年間低迷していた日本が今生き返ろうとしているではありませんか。よ~くみて下さい。清廉潔白さも(脇の甘さはありますが)

*立憲民主の枝野代表の厚顔無恥ぶり。

 民主党幹事長時代、哀しいかな東日本大震災が勃発しました。多くの方々が無念にも不幸となってしまいました。そして、彼らが隠しまわっている福島原発の爆発事故、当時の菅首相と一緒になって、海水で冷却しょうとした東電幹部を怒鳴りあげ、それをストップさせ、とうとう原発の爆発という最悪の事態を引き起こしてしまった。そして国民に真実を伝えず、全て東電に責任をなすりつけ、国民に嘘ばかりの説明で被害を更に拡大させたことは、決して許されるものではなく、これが未だ国会議員を続けていること自体が犯罪である。反安倍の左派議員を集めて、朝日新聞等と結託して日本国民を騙し続ける等、この男も許されるものではない。

*永田町アホバカ列伝~日本維新の会、足立康史

 国会の中にいるので、一番本質を捉えているような書です。出来たら目を通して見て下さい。

*森友、加計問題の本質とは?

 平成29年(2017年)前半、通常国会、そして国じゅうを騒がせた、森友学園、加計学園問題、まずはこの案件から考えていくことにしょう。

・森友学園は単なる補助金詐欺案件。

・「加計ありき」ではなく、「加計しかなかった」。

・「忖度」は民主主義の血液だ。

・文科省、学校法人という知られざる聖域」。

・アホばか案件に乗っかったバカな野党。

・三つの「小さな」ミスを犯した安倍総理。

*森友学園―犯罪者を粛々と罰すればよい。

 森友学園と前理事長の籠池泰典(本名・康博)被告の行状については、大阪地検特捜部が起訴し、今後刑事裁判が進んでいく中で明らかになっていくだろうが、この問題は、結局、一学校法人の経営者が学校法人の仕組みを使って補助金をだまし取ろうとしていた構図に行きつく。本質的には、単なるしょっぱい詐欺事件なのだ。その過程で、安倍晋三総理夫人の昭恵氏が関わっていたとか、国民の財産である国有地が不当に安く払い下げられたとか、その買い戻しをめぐって財務省の官僚が安倍総理の意向を「忖度」したとか言われているが、要するに、詐欺を働こうとした悪党が新学校設立という状況を利用し、その仕組みの中に総理夫妻の名前、総理夫妻のイメージを練りこみ、ハッタリをかまして勝手に利用していただけだ。財務省近畿財務局や国土交通省の官僚が背任的行為として関与(いわゆる8億円の値引き)しているかどうかは、今後司法の場で明らかになるはずだ。だが、ハッキリ言えるのは総理界隈は被害者であるということだ。

 事件の本質は、言ってみれば「しょうもない話」であるが、それにしても安倍総理が利用出来ないとわかるや「裏切られた」などと言い始め、手の平を返して民進党や社民党などと結び「国策捜査」などと主張し始めた籠池被告夫妻、その手にまんまと乗っかり安倍内閣攻撃の材料として見境なく利用し始めた民進党や社民党には、良心のカケラも感じられない。

*加計学園―思い込みの自爆だった。

 「忖度」という言葉の意味と読み方を飛躍的に普及させた加計学園問題だが、7月25日の衆参両院閉会中審査では、結局、前川喜平前文科省事務次官が、「加計学園は総理の友人だから忖度があったに違いない」とひとり勝手に考えて、その後の行動や発言に及んだだけだったことが鮮明になった。安倍総理への忖度によって「行政が歪められた」のでなく、安倍総理への忖度があったに違いないと認識した官僚が、自らその状況を「忖度」して内部文書に残していただけの話である。要するに、ただの思い込み自爆だったのだ。

*獣医学部は本当に必要だった。

 本質は愛媛県今治市には獣医学部を設置する明確な意思があり、実際に設置すくことが出来たのは「学校法人加計学園」しかなかったという話だ。加計学園の発端は、愛媛県と今治市が獣医学部の新規設置に於いて同学園を選んだことから始まっている。思い出してほしいのだが、実際に同学園を検討の俎上に載せたのは民主党政権だった。

 地方では獣医が不足しているが、文科省による「設置許可岩盤規制」があって既存の学部は認可されない。そこで「特区制度」つまり政治主導で進めた。加戸守行元愛媛県知事が国会で述べたとおり、その過程でリスクを取れる学校法人が加計学園しかなく、随分あとになって京都産業大学が提示した案は、具体性に欠けていたのである。

*安倍政権攻撃なら何でもありのバカな野党。

 さて、本件でもっとも私が怒こっているのは、本質的には総理にほとんど落ち度がなかったにも係わらず、北朝鮮危機など重要な問題はそっちのけでさんざん「もりかけ」をスキャンダラスに盛り上げた野党だ。

 民進党(国民民主党)の玉木雄一郎議員に至っては、繰り返し安倍政権を攻撃しながら、自身は父親と弟が獣医師であり、平成24年(2012年)に日本獣医師会から百万円の献金を受けている。本人はそれ一度きりであり、加計問題とは何の関わりもないないと主張するが、その後も香川県獣医師会から献金を貰っていた。だから、玉木議員は獣医師会の代弁者といわれても仕方ないし、これは「受託収賄」という犯罪である可能性がある。結局、野党が「もりかけ」で安倍政権を徹底的に追及した真の理由は、他の政策論争ではまったく勝ち目がなかったからだ。それだけではなく、野党共闘とか国民連合政府などといくら言ってみたところで、正面から政府与党や維新と論戦を行えば野党4党は勿論民進党内の結束さえ危うくなる。要するに国家国民のためではなく、自分たちの自分たちの保身の為に「もりかけ」ばかりに焦点を当てたのだ。

*安倍総理が犯した3つの「小さな」ミス。

 私は「モリカケ」問題に関して安倍総理は的を射ない攻撃にによく我慢し、総じて丁寧に対応されたと考えている。基本的に、総理にはいい迷惑だったという話だ。ただ、一国の総理大臣、それも日本政治の歴史に憲法改正という大きな転換点を刻もうとしちぇいる総理大臣として指摘しなければならない「小さな」ミスが3点ある。ミスそのものは小さいが、失ったかもしれないものが大きすぎた。まず、総理自身が身の潔白を確信していたために、当初少々「煽り気味」に反応してしまったこと、次に昭恵夫人の問題。そして最後は、総理自身もあとで強調することになった「李下に冠を正さず」という視点が弱かったことだ。

*「李下に冠を正さず」・・・人に疑われるような紛らわしい行動は避けること。

 北九州市 解体業 石川興産