令和4年5月12日より1500円値下げ。

中国上海や北京のコロナによるロックダウンが続き、世界の物流に異変が起こっている。当然生産網にも影響が生じ世界経済全般が減速傾向となりつつある。中国政府もコロナの全面封じ込めを強行に行っており、いつになったら封鎖がとけるのかまったくの不透明となっている。原油等はロシアに対する経済封鎖が拡大しており、ロシア産に変わる代替品需要が膨らみ、こちらの方は無期限的なものから当面原油、天然ガスの価格は高止まりするものと思われる。本来はこれらが高いとコモデティ全般も高いはずであるが、中国の生産量の減少がスクラップ等の価格の下げに繋がっている。最近の相場はこれがなくても超高値圏にあったことから、これをきっかけに1万円程の調整も考えられる。それでも5万円台ですから、最終的には3~4万円台にいつかは戻ることになる。非鉄も10万円近く急落しており、世界経済全般にスタグフレーションが現実化してくると、世界大恐慌の恐れも考えられないことではない。弊社も小さいながら数千トンの在庫は減少させたが、非鉄が100トン近くあり、零細企業の弊社も今年あたりは厳しいものとなりそうである。先日3000トン程の解体物入札があり負けましたが、却って災い転じてとなるかも知れない。この時期ロングな工事となりますと、いつも強気な私でも今は弱気になるようです。ウクライナ情勢でロシアというよりもプーチンが最悪なカードを切らないことを祈るばかりである。これがあると地球の破滅である。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年5月7日より1000円値下げ。

昨年以来の値下げ局面である。中国の上海、北京のロックダウンにより中国の経済指標が鈍化傾向にあり、いつ解除されるとも知れず経営者先行指数も50%割れとなっている。
世界経済もウクライナ問題もあり、まったくの先行き不透明さがつきまとい、これほど先の見えない市場も珍しい。原油を始め資源価格全般に超高値圏にあることは間違いなく、世界の動向次第では、いつか正常な価格帯に戻っていくことになる。現在は世界が混乱状態にあり、原油が最後のあがきのような価格帯となっているが、脱炭素の動きはまったなしで進んでおり、何年か後には50ドル割れから最終20~30ドル位まで値下がりすることは間違いない。今後はウクライナ情勢がどのように展開していくのかにより世界の情勢も大きく変わってくるものと思われるが、まさかという事態(核兵器使用)に発展すると第3次大戦も視野に入ることになり、経済も止まり全てが大暴落ということもあり得ることも頭の片隅に入れていてほしい。実際そうなると、日本にも核が飛んでくることになり商売どころではなくなることは間違いない。我々年寄りはどうでもいいが、若者が可哀そうである。そうならないことを祈る。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年4月13日より500円値上げ。

今のところ中国の鋼材、原料がしっかりと推移しており、国際価格も高値圏維持が続いている。只、この相場は明らかに異常相場であり、ウクライナ情勢が混とんとしている間は継続するのであろうが、ロシア側に行き過ぎた暴虐行為があった場合は、逆に世界を相手にした第3次大戦もあるかも知れない。そうなると日本にもミサイルが飛来しそれこそ商売どころではなくなる。大半の人はそこまでないと一笑されるかも知れないが、プーチンはすでに狂い始めており、しないと思われたウクライナ侵攻は既にその兆候の表れでもある。又、日本人の多くはよく話し合えば戦争なんて起らないと言っているが、この侵略を見ているとその考えが如何に甘いか知らされる戦いでもある。どれだけ多くの一般人が殺されているか、降伏しても多くの人々が無残にも殺戮されていることが、ネット社会であるがためにオンラインで報道され侵略軍の残酷さ、ロシアの卑怯さが浮き彫りとなっている。日本も憲法第9条を守らなければと多くの人は言うが、日本人がこの平和憲法(?)を大事にすればするほど侵略しょうとする国々は大喜びである。本当に平和な社会を作りたいのであれば、あそこには戦いを挑みたくないといった強力な武力を持つことが絶対条件である。ロシア人は昔から残虐であり、中朝諸国も第二次大戦前の恨みからもし侵略されれば、皆殺し的なことになるかも知れない。くわばらくわばらである。ということで歴史的な高値圏にある相場の行く末はとても読めません。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年4月5日より500円値上げ

本日は、人間ドック入りの為、コメントはございません。上がったものは下がりますので、いつまでも上がり続けることはありませんから、在庫過多のところは世紀の売り場と思いますがどうでしょうか。頑張りましょう。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年3月30日より500円値上げ。

輸出価格に対応しての値上がりであろうが、高価格帯での500円刻みはメーカーさんもいやいやでの値上げと思われる。実際原油にしても、その他のコモデティ関連もすでに高所恐怖症価格帯であり、まだまだ上昇するという強気派もいるが、地政学的な大事が発生すれば大暴落もあり得るとの警戒心も必要である。私どもも長期のお話が来ているが、どうしたものかと考えても分からないが大いに思案中である。有難くもあり有り難くなくもありのお話である。弊社は何事も一生懸命というのをモットーとしていることから、お客様の為ならと前には進みますが、条件付きとなるでしょうね。それだけ怖い相場となっていると思わなくてはなりません。弊社も、熊本の星山さんの車両200台以上に比べましたら、重機、車両合わせて20台以上と全然大したことはありませんが、とにかく一生懸命、一所懸命やるだけです。この先相当な波乱含みとなりますが、頑張りましょう。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年3月24日より1000円値上げ。

ウクライナのゼレンスキー大統領の日本議会への訴えがありましたね。同時通訳のちょっと訴え感が乏しく、こちらも少し気持ちが入らない面もありましたが、とにかく大統領を始めウクライナ国民の国を守ろうとする気持ちには最大限リスペクトを送りたいと思います。ロシア等を始め他国に武力行使で侵略を行う、主には専制国家(主には共産党独裁国家)等を決して見過ごしてはならず、核を使うぞの脅し等にも決して怯むことなく戦わなくてはいけないと最近は考えますね。何故かって日本の置かれている立場はウクライナに似ているからですよ。近い将来、中国にもプーチンみたいな独裁者が現れ、それ台湾だ沖縄だと出てくる可能性もある訳ですから、そうなっても今の米国は最終的にはしり込みしますよ。日本にも、ウクライナ情勢を見て国民の犠牲がでるのなら降伏すればいいという、バカ者もいて驚くが、まあ共産主義者で共産党の侵略者に賛成ということでしょう。共産党になるということは、人間の価値と命が現在を100とすれば10位に下がることですから、北朝鮮、中国、ロシア、軍部独裁となったミャンマーを見ればわかることです。これらの国の表に出てくる残虐行為は氷山の一角ですから。自由、民主、人権これらが守られて初めて人間としての幸福があると思います。本日はこういうことばかりになりましたが、ウクライナ情勢次第で相場が大きく動きますから、とにかく頑張りましょう。輸出業者は価格の上げと円安と消費税の還付でウハウハでは。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年3月19日より500円値上げ。

高値での調整である。すぐに、どうこうはないと思われるが、この相場下げ始めると早いのではなかろうか。脱炭素で電気炉が増加しスクラップ需要は確かに増加傾向ではあるが、ウクライナ情勢は、仮にキエフが落ちたにせよロシアは総合的に敗北である。頼みにしていた中国もロシア支援には懐疑的であり、この先ロシア経済と国民にとって長い冬が待ち構えていることは間違いないと思われる。ロシアはエネルギーも資源も売り先が限られてしまい、頼みの中国には足元を見られ、安く買い叩かれることになる。西側諸国も様々な障害が発生し、景気も下降傾向となることも視野の中に入れて置かなければならないだろう。この先プーチンの退陣もしくは軍部によるクーデター、中国も習近平の3期目はなくなることも考えられる。中国、ロシア経済が停滞し始めると世界経済もスライドである。そうなると原油が大暴落ということも考えられ、上がったものは下がるということは、歴史が証明している。ここから先の相場は、上がれば儲けものという位に考え、下げ始めれば早いと考えることである。

北九州市 解体業 石川興産

令和4年3月10日より3000円値上げ。

まさに異常事態、先行きもまったく不透明、原油がぶっ飛び、各種コモデティも即動意づいて更なる上昇が始まった。悪の枢軸の一角のロシア(というよりプーチンの戦争)によるウクライナ侵攻により、一挙にすべてが異常事態になりつつある。西側諸国に手出し無用とばかりに核の脅しを掛けながらじりじりと占領地域を広げつつあり、勇敢なウクライナの国民も必死に戦ってはいるが、軍事力の差が大き過ぎて難しい展開となっているようだ。ウクライナを見て、まるで将来の日本ではないのかと感じているのは私だけではないはずだ。近隣諸国の軍事バランスが崩れると、歴史的にも必ず悲惨な光景が繰り返され、多くの人々が殺戮されてきたことは多くの資料等により証明されていることである。今の日本の様に平和ボケした国家が間違いなく狙われることになる。まして日本国の周囲はそういう悪の独裁国家ばかりである。ボケた平和主義者はすぐに話せばわかることである。何かあっても話し合いを真摯に続ければ解決出来ないことはないと口を開けばバカの一つ覚えの様にいってはいるが、後悔先に立たずという諺通り、戦後日本を無力化する為に作られた憲法9条は即刻改正するべきである。先日私のような意見をウェブ上に出していた人がいたが、それに対してある人が、我々インテリは戦争の悲惨を知っているからそんなバカなことは言わないと反論していたが、私からすればインテリならば世界の戦争の歴史でもしっかりと勉強しろといいたい。私はウクライナ大使館に100万円の寄付をしました。まったく足らないが何かしてあげないと今でも女性や子供が殺戮されているのである。頑張れウクライナ。
要らないことだが鹿児島の天文館の鉄板焼き店に「ニカ」さんという20代前半の女性がアルバイトしていたが、本日ヤフーにそのニカさんが母親と妹を鹿児島に呼び寄せたと出ていました。(私が行ったのは4~5年前で、ウクライナと聞いてカスピ海のあるとこだねと言うと、違います黒海ですと流ちょうな日本語で返されたので、よく覚えています。)

北九州市 解体業 石川興産

令和4年2月10日より2000円値上げ

オミクロンの影響もあるのか、今後発生も減少となる見込みから電炉さんもスクラップの集荷に苦労しているようである。又、ウクライナ情勢等の緊迫化もあり原油を始めとするコモデティ関連も依然高値圏推移している。中国も春節明けや冬季五輪等で流通も低下しており当面価格的にはしっかりとした展開となりそうである。ただ日本も含め世界経済は、原油等の値上がりからインフレ基調となっており今後の金利動向次第では景気の低下も考えられる。世界中リスクが蔓延しており、先行きの見方も非常に見通しにくい状況下にあり、今後どうなるのよと、こちらが聞きたい位である。成り行きを見ながら慎重にというしかないようである。

北九州市 解体業 石川興産

2021年12月16日より500円値下げ。

世界的に安値寄りしており、国内価格もスライド的値下げとなっている。世界のスクラップ価格を引っ張っていたトルコには安値のロシア産スクラップが年末の駆け込み入荷しており価格が押し下げられている。中国も製品、スクラップとも弱気推移しており、高値圏にあった日本国内価格も世界的な値下がりの影響を受けジリジリと下げられているようだ。
この先、米国産の冬場の輸送難も加わり、どんどん値下がりするという状況にはならないが、一時期の強気相場は落ち着き、高値是正の動きは続きそうである。6万円相場は歴史的に見て余りにも高過ぎである。今後は中国経済がどうなるのか。原油相場はどうなのか。インフレ経済は。金利動向は。と材料は豊富にあり特に米中の経済運営、ロシアのウクライナ侵攻はあるのか、その場合の欧米の対応は、ロシアからの天然ガスはと、なって見ないと分からない問題も多く、来年の相場はと問われても、I  CAN`T  PREDICT。である。では皆さん来年も頑張りましよう。本年は皆さん大いに儲かったでしょうから、これから税務署さんが来ますから首を洗ってお待ちください。因みに弊社には早速来ましたけどね。儲かった後は鬱陶しい季節が来ますので注意しましょう。

北九州市 解体業 石川興産

 

遠吠え通信迷惑版


No.58-遠吠え通信迷惑版
2018年6月5日

遠吠え通信迷惑版(H.30.6.5)

 鉄スクラップ相場は、関東地区が国際価格の影響で九州地区と4500円もの価格差となってしまった。現在は、購入市場のトルコ経済の悪化から、若干値下がり傾向となっているが、ここまでの東高西低相場は私の記憶ではなかったような気がする。西側業者でも輸出業者は、現地仕入れは安く売りは東側業者と同等であるので笑いが止まらないはずである。しっかり儲けて下さい。

*モリカケそろそろ幕引き。

 まあ、何もない中(役人の忖度はあったが)一年以上安倍を攻撃し続けた野党さん達、全員、年間3000万円以上受け取っている議員給与を返還しなさい。

国民の為の政治をほったらかしにして、何とか安倍を降ろそうと繰り返し不毛な言動で国民をだまし続けた罪は、あまりにも大き過ぎる。全員給与返還でも

許されるものではない。国際社会が大混乱している中、ただ単なる揚げ足取りに終始したさまは、国会議員の資格なし。情けないばかりである。皆さんもマスコミや野党議員の嘘に騙されないように、何事もよ~く物事の本質を捉えて下さい。安倍さん程、国民の為に働いている首相は、これまで見たことがありません。彼の働きで30年間低迷していた日本が今生き返ろうとしているではありませんか。よ~くみて下さい。清廉潔白さも(脇の甘さはありますが)

*立憲民主の枝野代表の厚顔無恥ぶり。

 民主党幹事長時代、哀しいかな東日本大震災が勃発しました。多くの方々が無念にも不幸となってしまいました。そして、彼らが隠しまわっている福島原発の爆発事故、当時の菅首相と一緒になって、海水で冷却しょうとした東電幹部を怒鳴りあげ、それをストップさせ、とうとう原発の爆発という最悪の事態を引き起こしてしまった。そして国民に真実を伝えず、全て東電に責任をなすりつけ、国民に嘘ばかりの説明で被害を更に拡大させたことは、決して許されるものではなく、これが未だ国会議員を続けていること自体が犯罪である。反安倍の左派議員を集めて、朝日新聞等と結託して日本国民を騙し続ける等、この男も許されるものではない。

*永田町アホバカ列伝~日本維新の会、足立康史

 国会の中にいるので、一番本質を捉えているような書です。出来たら目を通して見て下さい。

*森友、加計問題の本質とは?

 平成29年(2017年)前半、通常国会、そして国じゅうを騒がせた、森友学園、加計学園問題、まずはこの案件から考えていくことにしょう。

・森友学園は単なる補助金詐欺案件。

・「加計ありき」ではなく、「加計しかなかった」。

・「忖度」は民主主義の血液だ。

・文科省、学校法人という知られざる聖域」。

・アホばか案件に乗っかったバカな野党。

・三つの「小さな」ミスを犯した安倍総理。

*森友学園―犯罪者を粛々と罰すればよい。

 森友学園と前理事長の籠池泰典(本名・康博)被告の行状については、大阪地検特捜部が起訴し、今後刑事裁判が進んでいく中で明らかになっていくだろうが、この問題は、結局、一学校法人の経営者が学校法人の仕組みを使って補助金をだまし取ろうとしていた構図に行きつく。本質的には、単なるしょっぱい詐欺事件なのだ。その過程で、安倍晋三総理夫人の昭恵氏が関わっていたとか、国民の財産である国有地が不当に安く払い下げられたとか、その買い戻しをめぐって財務省の官僚が安倍総理の意向を「忖度」したとか言われているが、要するに、詐欺を働こうとした悪党が新学校設立という状況を利用し、その仕組みの中に総理夫妻の名前、総理夫妻のイメージを練りこみ、ハッタリをかまして勝手に利用していただけだ。財務省近畿財務局や国土交通省の官僚が背任的行為として関与(いわゆる8億円の値引き)しているかどうかは、今後司法の場で明らかになるはずだ。だが、ハッキリ言えるのは総理界隈は被害者であるということだ。

 事件の本質は、言ってみれば「しょうもない話」であるが、それにしても安倍総理が利用出来ないとわかるや「裏切られた」などと言い始め、手の平を返して民進党や社民党などと結び「国策捜査」などと主張し始めた籠池被告夫妻、その手にまんまと乗っかり安倍内閣攻撃の材料として見境なく利用し始めた民進党や社民党には、良心のカケラも感じられない。

*加計学園―思い込みの自爆だった。

 「忖度」という言葉の意味と読み方を飛躍的に普及させた加計学園問題だが、7月25日の衆参両院閉会中審査では、結局、前川喜平前文科省事務次官が、「加計学園は総理の友人だから忖度があったに違いない」とひとり勝手に考えて、その後の行動や発言に及んだだけだったことが鮮明になった。安倍総理への忖度によって「行政が歪められた」のでなく、安倍総理への忖度があったに違いないと認識した官僚が、自らその状況を「忖度」して内部文書に残していただけの話である。要するに、ただの思い込み自爆だったのだ。

*獣医学部は本当に必要だった。

 本質は愛媛県今治市には獣医学部を設置する明確な意思があり、実際に設置すくことが出来たのは「学校法人加計学園」しかなかったという話だ。加計学園の発端は、愛媛県と今治市が獣医学部の新規設置に於いて同学園を選んだことから始まっている。思い出してほしいのだが、実際に同学園を検討の俎上に載せたのは民主党政権だった。

 地方では獣医が不足しているが、文科省による「設置許可岩盤規制」があって既存の学部は認可されない。そこで「特区制度」つまり政治主導で進めた。加戸守行元愛媛県知事が国会で述べたとおり、その過程でリスクを取れる学校法人が加計学園しかなく、随分あとになって京都産業大学が提示した案は、具体性に欠けていたのである。

*安倍政権攻撃なら何でもありのバカな野党。

 さて、本件でもっとも私が怒こっているのは、本質的には総理にほとんど落ち度がなかったにも係わらず、北朝鮮危機など重要な問題はそっちのけでさんざん「もりかけ」をスキャンダラスに盛り上げた野党だ。

 民進党(国民民主党)の玉木雄一郎議員に至っては、繰り返し安倍政権を攻撃しながら、自身は父親と弟が獣医師であり、平成24年(2012年)に日本獣医師会から百万円の献金を受けている。本人はそれ一度きりであり、加計問題とは何の関わりもないないと主張するが、その後も香川県獣医師会から献金を貰っていた。だから、玉木議員は獣医師会の代弁者といわれても仕方ないし、これは「受託収賄」という犯罪である可能性がある。結局、野党が「もりかけ」で安倍政権を徹底的に追及した真の理由は、他の政策論争ではまったく勝ち目がなかったからだ。それだけではなく、野党共闘とか国民連合政府などといくら言ってみたところで、正面から政府与党や維新と論戦を行えば野党4党は勿論民進党内の結束さえ危うくなる。要するに国家国民のためではなく、自分たちの自分たちの保身の為に「もりかけ」ばかりに焦点を当てたのだ。

*安倍総理が犯した3つの「小さな」ミス。

 私は「モリカケ」問題に関して安倍総理は的を射ない攻撃にによく我慢し、総じて丁寧に対応されたと考えている。基本的に、総理にはいい迷惑だったという話だ。ただ、一国の総理大臣、それも日本政治の歴史に憲法改正という大きな転換点を刻もうとしちぇいる総理大臣として指摘しなければならない「小さな」ミスが3点ある。ミスそのものは小さいが、失ったかもしれないものが大きすぎた。まず、総理自身が身の潔白を確信していたために、当初少々「煽り気味」に反応してしまったこと、次に昭恵夫人の問題。そして最後は、総理自身もあとで強調することになった「李下に冠を正さず」という視点が弱かったことだ。

*「李下に冠を正さず」・・・人に疑われるような紛らわしい行動は避けること。

 北九州市 解体業 石川興産